銀鏡神楽が根付く地_銀鏡神楽について

銀鏡神楽について

宮崎県には350箇所余りの神楽が現在もあると言われますが、なかでも高千穂神楽・椎葉神楽・米良神楽が夜神楽として有名です。
高千穂神楽と椎葉神楽はそれぞれまとめて国の重要無形文化財となっていますが、米良神楽では『銀鏡神楽』だけが単独で国の重要無形文化財の指定をされています。
現在では地元ではなく他所で神楽を舞う例もありますが、銀鏡神楽だけは「ショーではなく神に奉納するもの」と言う点にこだわり、銀鏡からはほとんど神楽を持ち出さないという点も注目されます。

 毎年12月12日から神楽が始まります。12日は神社に集まって注連縄(しめなわ)を編んだり御幣を切ったり準備にかかります。
13日は「星の舞」という修験の色濃い一番だけが神楽殿で舞われます。翌14日は手力男(たじからお)神社や六社稲荷神社などからご神体などが運び込まれ、夜を徹して残りの三十二番の神楽が奉納されます。

祭壇には猪の頭がまるごと供えられており奉納者の名前が書かれています。狩猟を中心とした珍しい神楽です。

銀鏡神楽は古形を残し、様々な要素が混交する優れた神楽であると言われていますが、伝承者の数も減ってきています。そこで「願祝子(がんほうり)」という制度を活用しています。願祝子(がんほうり)」とは志願して神楽の舞人=祝子となるという意味で、かつて村を去った人も地区に縁故のない人も願い出て、厳しい修行を積めば祝子になれるという仕組みです。

(参考文献)
● 別冊太陽 日本のこころ115「日本列島の闇夜を揺るがす お神楽」(平凡社 2001年10月刊)
● 「西都風土記」 弥勒祐徳(鉱脈社刊)

かぐらの里について 私たちが作っています。
かぐらの里のFACEBOOK
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業時間は平日8:00〜17:00(ピンクは休業日となります)
ショッピングカートを見る
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
rss atom
Copyright(C) 農業生産法人 株式会社 かぐらの里 All Rights Reserved.