カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
シーン別商品
コンテンツ
グループ
マーコット

マーコットの特徴
「マーコット」の来歴は不明ですが、アメリカで「ミカン類」と「スイートオレンジ」を交配して育成されたタンゴールといわれています。日本には昭和中期に導入されました。国内での生産量はそれほど多くありません。
マーコットは果皮の色が赤みがかった橙色で、重さは100〜150gくらい。香りがよく、強い甘みの中にほどよい酸味があり濃厚な味わいです。果肉はやわらかくて果汁も豊富。袋ごと食べられますが、種は多めです。
 
マーコットの旬
オーストラリア産は9月から11月頃、国産は2月から4月頃が旬です。カリフォルニア産の種なしダブルマーコットは1月から4月頃に流通します。
 
美味しいマーコットの選び方
皮が濃いオレンジ色でツヤのあるものがおすすめです。持ったときに軽く感じるものや、皮がしなびているものは避けましょう。