カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
シーン別商品
コンテンツ
グループ
  • ホーム
  • 柑橘辞典 シークワーサー
シークァーサー

シークワーサーとは
シークワーサーは沖縄から台湾にかけて自生しているミカン科の果実で、標準和名はヒラミレモン(平実レモン)とされ、シークワーサーという名称は沖縄での呼び名です。沖縄の方言では「シー」がすっぱい物、「クヮーサー」は食べさせるものや食べ物を指しているそうです。もともとが方言のため、その発音の表記が様々見られ、シクワサー、シークワーサー、シークワーシャーなどと書かれていたりします。
 
シークワーサーの特徴
シークワーサーの果実の大きさは3〜4cm程でカボスほどですが、温州みかんのような扁平な形をしています。通常は青切りと呼ばれる、未熟な青い状態のものが収穫され、これはレモンのようなさわやかな酸味があり、ジュースや料理の酸味付けなどに使われています。また、完熟したものは果皮が黄色くなり、糖度も上がって甘酸っぱいものとなります。
皮は比較的薄く、通常は中には種が沢山入っています。種無しの品種もあるようです。
 
シークワーサーの収穫時期と旬
沖縄では8月後半から9月にかけて青切りのシークワーサーが収穫され出回ります。また、シークワーサーは収穫時期によって用途が変わり、8、9月の青切り物は「酢の物用」、10月から12月中旬までは「原液ジュース用」、12月下旬から2月末までは黄色く熟したものが「生食用」で出荷され出回るようです。
 
美味しいシークワーサーの選び方
シークワーサーは収穫時期によって酸味や甘みのバランスが違い、それによって用途が変わってきます。刺身や料理の酸味付けに使う場合は青いものを、生のままミカンのように食べるなら十分に黄色く熟したものを選びます。