カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
シーン別商品
コンテンツ
グループ
ポンカン


ポンカンとは
ポンカンはインドが原産とされるミカンの仲間で、アジア各地で栽培されています。
皮は濃い橙色で、触ったところごわごわした感じがしますが、中の実との間に隙間が出来ていて剥き易い。ジョウノウごと食べられます。独特の香りと甘味が強く、酸味はあまり無くまろやかです。
 
ポンカンの収穫時期と食べ頃の旬
和歌山では12月中旬頃から串本町の重畳山などで収穫が始まりますが、従来「ポンカン」は、11月〜12月頃に収穫し食べ頃になるまで貯蔵し、1月〜2月頃に出荷されます。なので旬は1月中旬から2月中旬にかけてとなります。鹿児島でも露地栽培の薩州を12月下旬から収穫し、貯蔵庫で1カ月以上熟成させたのち出荷されるので、やはり旬は1月下旬から2月が旬となります。
 
美味しいポンカンの選び方
比較的扁平な形をしていいるものを選びます。また、大きい物は皮やジョウノウが厚かったり、大味のものの場合が多い傾向にあり、避けた方が良いでしょう。
また全体によく色付き色が濃いものの方が美味しい傾向にあります。皮に張りがあるものを選びましょう。 枝から切り取ったヘタの部分が小さい方が美味しい傾向にあります。大きい物は太い枝から直接なっていたものの場合が多く、そう言ったものはあまり美味しくありません。