カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
シーン別商品
コンテンツ
グループ
ミネオラ



ミネオラの特徴
「ミネオラ」はアメリカ生まれの「タンゼロ」で、親の掛け合わせは「ダンカングレープフルーツ」×「ダンシータンジェリン」です。フロリダ州のアメリカ農務省で育成され、1931年(昭和6年)に発表されました。
皮は赤みがかったオレンジ色をしていて、頭の部分がデコポンのように盛り上がることがあります。サイズは150g前後で、果肉はやわらかくて甘みが強く、適度な酸味もあって濃厚な味わい。オレンジのような香りがあり風味豊かです。
「ミネオラ」という名前は、フロリダ州にあるミネオラという地名にちなんでいるそうです。
 
美味しいミネオラの選び方
濃いオレンジ色はミネオラの特徴なので、全体的にきれいに色づいたものを選びましょう。また、皮に張りがあり、持ったときに重みを感じるものがおすすめです。
果肉と皮の間に隙間ができる「浮き皮」になっているものは避けたほうが無難です。このような状態のものは傷みやすく食味がやや落ちることがあります。
 
ミネオラの旬
 
主にカリフォルニア産のものが2月下旬頃から5月頃に出回ります。