カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
シーン別商品
コンテンツ
グループ
三宝柑

三宝柑(サンポウカン)とは
三宝柑(サンポウカン)は江戸時代に和歌山城内にあったものが原木とされる柑橘で、元となっている品種などは不明となっています。地方によって「さんぼうかん」とも呼びます。
三宝柑(さんぽうかん)は、その美味しさ珍しさゆえ、城外不出の果実として、三方に乗せて殿様へ献上されていたと伝えられ、そこからサンポウカンまたはサンボウカンと名付けられたとのことです。明治になって吉備町の大江城平氏などによって一般に広められ、かつては当地で盛んに栽培されたようです。
 
三宝柑(サンポウカン)の特徴
三宝柑は枝つきの部分がデコポンと同じように膨らんでおり、1個が200g〜300g程度の大きさで、皮が剥きやすい。また、果肉はさわやかな甘さを持ち、たいへん美味しいのですが、皮が厚い分、果肉が少なく、種が非常に多いのが欠点です。ただ、皮はあまり苦味がなく、春らしいさわやかな香りと鮮やかな明るい黄色をしているので、季節を伝える食材として料亭などの料理にも使われてきました。
 
三宝柑(サンポウカン)の旬は3月から4月
三宝柑の収穫は早いものは1月頃から始まり最終5月頃まで続きます。収穫の最盛期は2月中旬頃から4月にかけてで、食べ頃の旬の時期は3月から4月となります。
 
美味しい三宝柑(サンポウカン)の選び方
三宝柑を選ぶときは、皮の表面に艶と張りがあるものが新鮮です。また、葉付きのものは、葉が枝にしっかりと付いているものが新しいです。鮮度が落ちると表面の張りが弱くなり柔らかかったりシワっぽくなり、葉は少し引っ張るだけですぐに枝から取れてしまうようになります。また、手に持ったときにしっかりと重みを感じるものの方が中に果汁が詰まった実がしっかりと詰まっているものです。軽く感じるものは皮と果肉の間に隙間が出来ていたり、水分が抜けて果肉がパサパサした感じになっていることが多いです。