銀鏡神楽が根付く地_歴史と地勢

歴史と地勢

菊池氏の支配

南北朝の時代、肥後の菊池氏は北朝の追討を逃れ、南朝の流れを汲む「一子」を奉じて米良山中に入りました。菊池氏は川沿い・谷沿いに石垣をめぐらし田畑を成し、山を切り開いて焼畑を作りヒエ・アワ・ソバ等を主食とする山村文化を開いたのです。
『能』の原点とも言われる『銀鏡神楽』もこの頃から発達し伝承されて来ました。『銀鏡神楽』は現在、国の重要無形文化財に指定されています。

時は流れて…

明治維新の時『廃藩置県』において領主菊池公は、すべての領地を領民に分け与えました。山を活かし柿・栗などの産地を成すことを勧め、まつりごとを怠らぬ事を領民に託して米良の地を後にされました。米良の山林が他に類がないほど私有地が多いのはその為です。
その頃の米良の特産品と言えば、『木炭(炭焼き)』・焼畑の後を利用したミツマタ・カジ(和紙の原料となるコウゾ)くらいでした。

現在では九州屈指の生産を誇っている『ゆず』ですが、元々古くから山に自生し実っていたものを、自家用として料理にまた化粧水などに利用していました。
その自生している『ゆずの木』の中から最良のものを選び出し、穂木をとり接木をして増やしていったのが昭和48年春のことです。
以来、本格的に栽培に踏み切ってから30有余年、試行錯誤を繰り返し病害虫・災害・天候不順などの紆余曲折を経て、成分・香気ともに高品質の『ゆず』を産出することができるようになりました。

〈余談〉尾八重トメ女(おはえトメじょ)の話

絶世の美女と言われた尾八重トメ女は、年頃になり銀鏡の浜砂家に行儀見習いとして奉公しました。
或る日鹿狩りに来た殿様が浜砂家で休憩した際トメ女を見て一目ぼれしてしまい側室に迎えられたと言います。トメ女を失った村の若者が作った唄があります。
彼女は秀でた肌の美しい女性であったと伝えられています。
尾八重トメ女は『ゆず』の種の化粧水を使い、ゆず湯につかって美しい肌を保っていたのではないか。と、遠い美女に思いを馳せる言い伝えです。

かぐらの里について 私たちが作っています。
かぐらの里のFACEBOOK
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
営業時間は平日8:00〜17:00(ピンクは休業日となります)
8月11日〜8月15日まで休業です。 ご注文はお受けできますが、電話・メール対応や商品の発送は8月16日からになりますのでご了承ください。
ショッピングカートを見る
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
rss atom
Copyright(C) 農業生産法人 株式会社 かぐらの里 All Rights Reserved.