銀鏡自慢の

ゆず

山の神の息づかいと

は、山々にたちこめる湿った霧や、葉の上で光る露、冷え込んだ朝の川もやのこと、いわば山の神からの恵みです。柚子は朝晩の温度差が

ある山間部が栽培に適しているといわれます。耐寒性の強い植物ですが、最低気温は−7℃以上、降水量が多く、かつ気流がスムーズに流

れる急斜面が最適条件とされています。宮崎県の西部、九州山地の中にある山深い、ここ銀鏡の地は、まさにその柚子づくりの最適条件の

中に位置しています。
山の地形として、山々は

そこまで大きくはないが、切り立った崖が多いいくつもの谷が入り組んでいて水の流れがあり、川もや・霧が発生しやすい上空を常に気流

が流れているため、停滞せずに湿度が安定している夏に雨が多く、年間の降水量は冬の最低気温は−3℃程度

柚子のバイオリズ

ムと銀鏡の地のバイオリズムは一致しているため、地の利を生かしたおいしい柚子づくりをすることができます。

気流を生む地

形が高品質なゆずを作る

気流ー雲を読むという事

柚子は本来、生命力の強い植物です。銀鏡では人が管理をしていますが、「人が柚子に何の手助けができるか?」を 私たちは常に考えながら、柚子の気持ちを汲み取って育てています。
台風など気圧が下がるときは水が動く時期。自然の動向を読み、 気流を読んで対応するのは柚子づくりには大切なことです。
農薬をほとんど使わずに、虫が寄ってくるような悪循環になりえる余分な肥料はあげない、保水のためにあえて柚子の木の周りの雑草を残 すなど、本来の強い生命力を信じることを第一とする。
銀鏡では、柚子の気持ち・自然の摂理・地の利を大事にした真面目な柚子づくりを行っているので、「健康的でおいしい柚子」ができるの です。

銀鏡で取れるゆずは「扁平」なカタチ。香り高いと評判です。

寒暖の差の激しい気象は、良質なゆずを育ててくれます。幼生形成期にこの温度差を経たゆずは、形状がやや扁平気 味になります。
銀鏡のゆずは、そういった扁平気味のゆずが多く、香りが高いと評判です。

銀鏡の自慢のゆずです。

かぐらの里ショッピング

かぐらの生産者

かぐら

の里について 私たちが作っています。
かぐらの里のFACEBOOK
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
営業時間は平日8:00〜17:00(ピンクは休業日となります)
8月11日〜8月15日まで休業です。 ご注文はお受けできますが、電話・メール対応や商品の発送は8月16日からになりますのでご了承ください。
ショッピングカートを見る
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
rss atom
Copyright(C) 農業生産法人 株式会社 かぐらの里 All Rights Reserved.